2018年12月01日

フェルトソール補修 『コニシ ボンド G17』

シーズンオフや釣行が出来ない時などの時間を使って、釣り具のメンテンナンスや補修・修理をしています。

フェルト交換用接着剤ですが、市販されている正規品を購入すると1,000円ぐらいします。
内容量は、100mLほどのものが多いです。
ちょっと値段が高い・量が少ないと感じるそんな悩みを解消します。

フェルトソールを【コニシ ボンド G17】を使い、格安に補修してみました。

用意する物
コニシ ボンド G17(170mL) 約700円
(100円ショップで、20mLのものがありますが、170mLのほうが割安なのでお勧めします。)
ネオプレンウェーダー 補修ソフトベイト(ワーム) 補修で使用した『セメダイン スーパーX』でも良いですが、内容量が135mLで1,000円なので、値段の悩みを解消には、ならないかもしれません。

≪100円ショップ≫
サンドペーパー 100円
ビニールテープ(ガムテープ・布テープ) 100円
(フェルトソールの圧着乾燥のために使用するため、十分に長さがあるもの。)

新聞紙

木槌(ゴムハンマー)
(フェルトソールの圧着のために使用。)

s-ウェーダー 補修(ソール)-01.jpg

作業手順
フェルトソールの剥がれを補修する場合
接着面をサンドペーパーでサンディングし、きれいにします。

s-ウェーダー 補修(ソール)-02.jpg
上側(左足)サンディング前、下側(右足)サンディング後

本体のつま先部分から、かかと部分まで新聞紙を詰め込みます。
(本体の底の部分は、出来る限り平らになる様にします。その様にする事で、フェルトの接着後の固定がしやすくなります。)

フェルトは接着剤を吸ってしまう為、先にフェルトの接着面に『コニシ ボンド G17』をたっぷりと塗り込んで、全体に色づくまで染み込ませます。
フェルト(2度塗り)と本体の接着面に『コニシ ボンド G17』を塗り、そのまま触っても手に着かなくなるまで放置します。(20分程度)

s-ウェーダー 補修(ソール)-03.jpg

本体とフェルトのボンド面を貼り合わせます。特にフチをしっかりと圧着させます。
木槌などで本体の底を叩き、フェルト内の空気を抜き圧着させます。(木槌などの工具が無い場合は、省略しても大丈夫です。)

ビニールテープなどで、つま先・かかとをぐるぐる巻きにして、しっかりとテーピングします。圧力をかけた状態のまま、24時間以上自然乾燥させます。

s-ウェーダー 補修(ソール)-04.jpg

しっかり、接着できたことを確認して完成です。

s-ウェーダー 補修(ソール)-05.jpg


作業時間 50分(ボンドが固まるまで2日)
材料費 900円(1補修当たり約500円)

 
posted by キンキンあんさん at 21:07| Comment(0) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

メジャートレー 自作(DIY) 『プランター受皿』

シーズンオフや釣行が出来ない時などの時間を使って、釣り具のカスタムや自作(DIY)をしています。

メジャートレーですが、市販されている正規品を購入すると5,000円ぐらいします。
メジャーステッカーでも、1,000円ぐらいします。
ちょっと値段が高いと感じるそんな悩みを解消します。

メジャートレーを【プランター受皿】を使い、格安に自作(DIY)してみました。

用意する物
≪100円ショップ≫
プランター受皿 100円
巻尺 10m 100円
両面テープ 屋外用 100円

ハサミ

s-メジャートレイ 自作-01.jpg
s-メジャートレイ 自作-02.jpg


作業手順
『巻尺』を『プランター受皿』の内側の長さ(55㎝)に切り、同じものを10本作ります。

『両面テープ 屋外用』を使い、切った『巻尺』を貼り付けて完成です。

s-メジャートレイ 自作-04.jpg
メジャートレー 自作(DIY) 『プランター受皿』

【メジャートレー自作(DIY)】の左上に、ブログタイトル・URLとマトリックス型二次元コードを印刷したシートを貼り付けてオリジナルなものにしました。

作業時間 30分
材料費 300円

posted by キンキンあんさん at 21:58| Comment(0) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

ソフトベイト(ワーム) 補修 『セメダイン スーパーX』

シーズンオフや釣行が出来ない時などの時間を使って、釣り具のメンテンナンスや補修・修理をしています。

ソフトベイト(ワーム)は、使っていると破損してしまいます。
そして、その破損したソフトベイト(ワーム)は、廃棄してしまう事も多いと思います。
でも、スイムベイト等は、高価なので補修したいと思います。
そこで、破損したソフトベイト(ワーム)を補修するための補修材があるのですが、市販されている正規品を購入すると1,000円ぐらいします。内容量は、15mLほどのものが多いです。
ちょっと値段が高い・量が少ないと感じるそんな悩みを解消します。

ソフトベイト(ワーム)を【セメダイン スーパーX】を使い、格安に補修してみました。

用意する物
セメダイン スーパーX(135mL) 1,000円
(20mLで500円ほどのものもありますが、135mLのほうが割安なのでお勧めします。)

s-ウェーダー 補修-01.jpg

作業手順
ワームの裂け目を開いて内側に【セメダイン スーパーX】を塗ります。
フックを指す部分やフックが出てくる部分も開いて内側に塗ります。

s-ソフトベイト(ワーム) 補修.jpg

数日間、乾かして【セメダイン スーパーX】が固まれば、補修完了です。

【セメダイン スーパーX】では、ソルト入り素材のものは、補修しにくいかもしれません。

作業時間 5分(ボンドが固まるまで2日)
材料費 1,000円(1補修当たり約1円)

 

補修の効果
posted by キンキンあんさん at 21:58| Comment(0) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする