2019年01月19日

ラインカッター カスタム 『ラインカッター』

シーズンオフや釣行が出来ない時などの時間を使って、釣り具のカスタムや自作(DIY)をしています。

愛用している【ラインカッター】を使いやすいように格安にカスタムをしてみました。

ラインカッターを紛失してしまう悩みを解消します。

用意する物
≪100円ショップ≫
ピンオンリール 100円
(カラビナ付きの商品もあります。)
カラビナ 100円
リング 100円

作業手順
『ピンオンリール』にラインカッターを付けます。
(カラビナ付きの商品の場合は、それだけで完成です。)

『ピンオンリール』のクリップ部分に『リング』を付け、さらに『カラビナ』を付けて完成です。

s-マイタックル005-ラインカッター付ピンオンリール.jpg

これだけの事ですが、『ラインカッター』をどこかに失くしてしまう心配が無くなります。

作業時間 5分
材料費 300円

posted by キンキンあんさん at 21:28| Comment(0) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

ワンウェイクラッチ メンテナンス 『バイオマスター2500MgS』

シーズンオフや釣行が出来ない時などの時間を使って、釣り具のメンテンナンスや補修・修理をしています。

長年愛用している【バイオマスター2500MgS】分解・清掃をしてみました。

今後も、まだまだ現役で使っていきたいので、メンテナンスは重要だと思います。

ワンウェイクラッチ(シマノ:ローラークラッチ)に、グリスやオイルが入った影響で、正常に動作せず逆転現象が起きてしまいます。
すべてのパーツを分解し、洗浄してあげることで、そんな悩みを解消します。

用意する物
ドライバー
レンチ
ピンセット

キッチンペーパー
パーツクリーナー 約300円

s-スピニングリールのメンテナンス(バイオマスター2500MgS)-13.jpg

作業手順
防水キャップを外し、ハンドル固定ボルトをマイナスドライバーで外し、ハンドルを本体から外します。
ドラグツマミを緩めて外し、スプールを本体から外します。

s-スピニングリールのメンテナンス(バイオマスター2500MgS)-05.jpg

スプール座金・受けをスプール軸から外します。
パーツを分解した順に並べておくと、組み立てがスムーズです。

s-スピニングリールのメンテナンス(バイオマスター2500MgS)-06.jpg

固定ボルトをプラスドライバーで外し、回転枠ナットをレンチで緩めて外し、回転枠をスプール軸から外します。

s-スピニングリールのメンテナンス(バイオマスター2500MgS)-08.jpg

固定ボルトをプラスドライバーで外し、ローラークラッチをスプール軸から外します。

s-スピニングリールのメンテナンス(バイオマスター2500MgS)-09.jpg

ローラークラッチを分解・洗浄します。

固定ボルトをプラスドライバーで外し、ローラークラッチのカバーを外します。

s-スピニングリールのメンテナンス(バイオマスター2500MgS)-11.jpg
バイオマスター2500MgSのローラークラッチの内部

組み立てるときにわかりやすいように順番・向きを正確に覚えておきます。

フェルトリングをキッチンペーパーで拭き取り、他のパーツも取り外してパーツクリーナーで洗浄します。

洗浄の方法として、パーツクリーナーを容器に入れて、パーツをそのクリーナー液へ漬け込みます。
クリーナー液へから取り出す時に、ピンセットがあると便利です。

s-スピニングリールのメンテナンス(バイオマスター2500MgS)-12.jpg

分解した逆の手順で、組み上げていきます。
組み立てるときに、パーツ表があるとても便利です。

組み方が分からなくなった場合に、後で確認できるように構造を分解前に写真に撮っておくと良いと思います。

ローラークラッチへの注油は禁止なので、今回は、グリス・オイルの使用は、ありません。

無事にメンテナンスが完了しました。

s-スピニングリールのメンテナンス(バイオマスター2500MgS)-01.jpg
バイオマスター2500MgS

釣り具は、大切に長く使っていきたいと思います。

作業時間 60分
材料費 約300円(1回当り20円以下)
posted by キンキンあんさん at 21:16| Comment(0) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする