2019年04月20日

ナマズ釣行 愛知県尾張西部方面 『開幕2019』

2019年04月18日に愛知県尾張西部方面ナマズを釣りに出掛けてきました。

日中の気温も20℃を超える日が増えてきたので、夜の水辺の様子を見てきました。

まずは、自宅からできる限り近い釣り場へ向かいます。
すぐに釣れれば、粘らず帰宅する予定です。

釣り場に到着すると、昨年までとは状況が変わっていました。
河川の横の道がきれいに舗装され、アクセスしやすくなっていました。
以前にもきれいに整備された釣り場がありましたが、釣りという観点からみれば、出来る限り自然のままのほうが嬉しいです。

釣りを開始してみるも、工事の影響があるのかわかりませんが、全く反応がありません。
前日に雨が降ったのですが、気温が低かったのも気になります。

次の場所に移動します。

まだこの時期は、低水位なので水路は底が見える状況です。
一応チェックしてみますが、やはり反応はありません。
水路をライトで照らして確認してみますが、魚っ気は皆無です。

次の場所です。

この場所で反応が無いなら、正直、まだその時では無いという事でしょう。






・ ・ ・ ・ ・ 







反応はありません。

普段、自分が釣りをしている場所では、まだ今シーズンの開幕は先なのかもしれません。

今回は、今シーズンの初調査という事なので、ここで帰宅












という事でも良いのですが、過去の釣行データを頼りに、釣り場をチョイス。

確実にナマズを獲りに行きます。


選んだ場所は、中級河川に直接つながった中規模水路。


この場所は、過去の実績によると、4月初旬でも反応があります。
しかし、ここのナマズは、喰い方が下手なのか、バイトがあってもキャッチ率が極端に低い。

ハイシーズンでもキャッチ率が低く、釣り人も多く入っているようで、難易度は高い釣り場なのですが、とにかくナマズのストック量が安定して多いように感じます。

開始数投で、バイト!


予想通り!


でも、ミスバイト

これも、予想通りと言っていいのかもしれません。



その後も、少ないながらも、3バイト

1匹かけるもバラシ。
悔やまれます。


中級河川の本流の方もチェックしていきます。


5バイト0キャッチ


反応があるだけでも、十分に楽しいですが、何とかキャッチしたい


元の水路に戻り、4バイト2バラシ

ここまでキャッチ出来ないのは、想定外!
なぜここのナマズは、ちゃんと喰ってくれないんでしょうか?

もう諦めて帰ろうかと思ったけど、バイトがあるならいつか釣れるはず!




バフッ!




バシャ!




バシャ!バシャ!




s-2019年04月18日 22時40分 ナマズ 55cm.jpg
55㎝ナマズ


待望の捕獲に成功。

今シーズンのナマズ開幕となりました。
posted by キンキンあんさん at 22:02| Comment(0) | ナマズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする