2018年11月11日

メバル釣行 愛知県知多方面 『釣れ始め』

2018年11月07日に愛知県知多方面メバルを釣りに出掛けてきました。

今回の釣行も明るい時間に、知多半島の池でブラックバスを狙い、暗くなってからメバル釣行に出掛けてきました。

前回のメバリングでは、まだ水温も高く、夜光虫の影響もあり、全くメバルからの反応がありませんでした。

今回は、どうでしょうか?

まずは、常夜灯の明暗を狙ってみると、何投かしたところでワームがかじられて下半分が無くなっています。

これは、フグの仕業です。

やはり、水温が高いのか、フグが多く居るようです。

そこで、もう少し岸よりを引いてくると、


コンッ


ちいさいなアタリ。


その後も、時々


コツン


たぶん、メバルだと思うんだけど、小さいんだと思います。


そこで、確認するために



自作したアシストフック



を、使ってみます。



すると



s-2018年11月07日 18時05分 メバル 10cm.jpg
10㎝メバル


これは、小さいですね。


アシストフック無しでは、なかなか釣るのは難しいサイズです。


もちろんこのサイズは、リリースです。


その後は、アシストフックを外して、狙っていきます。



s-2018年11月07日 18時10分 メバル 14cm.jpg
14㎝メバル


このメバルは、よく釣れるメバルと色が違います。

メバルは、クロメバル、アカメバル、シロメバルの3種類がいます。

その後は、

s-2018年11月07日 18時20分 メバル 15cm.jpg
15㎝メバル


頻繁にアタリがある感じではないですが、一応釣れるます。


ジグヘッドを重くすると、


s-2018年11月07日 19時20分 カサゴ 19cm.jpg
19㎝カサゴ


サイズは、悪くないけど、本命じゃないので残念。


途中、またまたゲストが泳いできたのでお持ち帰り。


s-2018年11月07日 18時00分~20時00分 メバル・タケノコメバル・カサゴ・ワタリガニ 14cm~19cm.jpg
2018年11月07日の釣果


後半戦は、アジングに挑戦してみます。


全くアジは釣れず・・・


そこで釣れた、ゲストを


s-2018年11月08日 カマスの塩焼き.jpg
カマスの塩焼き



メバルカサゴは、



s-2018年11月08日 メバル・カサゴの刺身.jpg
メバル・カサゴの刺身
詳しい調理方法は、こちらを参考にしてください。



メバリングでのゲストは、



s-2018年11月08日 ワタリガニの味噌汁.jpg
ワタリガニの味噌汁
詳しい調理方法は、こちらを参考にしてください。


色々な魚を、色々な調理方法で頂きました。

釣った新鮮な魚を食べれるのは、釣り人の特権です。






posted by キンキンあんさん at 21:51| Comment(0) | メバル(メバリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

ブラックバス釣行 愛知県知多方面 『さらに増えた』

2018年11月07日に愛知県知多方面ブラックバスを釣りに出掛けてきました。

先月と同様に今回も、メバル釣行の前に、知多半島の池で暗くなるまでバスフィッシングをしてきました。

先月には、行かなかった池を4ヶ所回ってきました。

最初の池では、魚っ気なし。

すぐに、次の池へ。

雨の影響なのか?ターンオーバーなのか?普段からなのか?

とにかく濁っていました。

しかし、アウトレット周辺を最初に狙ってみると、反応ぽいのが・・・


またも


ん?


ここで、魚なのか確かめるために、超フィネス投入


s-2018年11月07日 14時15分 ブラックバス 16cm.jpg
16㎝ブラックバス


やはり、小さいやつが居たようです。


岸際のアシをねらってみます。


ググッ


おっ!


s-2018年11月07日 14時20分 ブラックバス 25cm-01.jpg


先ほどの魚よりは、かなりマシなサイズ


なので、計測してみます。


s-2018年11月07日 14時20分 ブラックバス 25cm-02.jpg
25㎝ブラックバス


マシと言っても、この程度です。


その後は、岸際ギリギリより3メートルぐらい離したところアタリが連発。


s-2018年11月07日 14時25分 ブラックバス 15cm.jpg
15㎝ブラックバス

でもサイズは、全く上がらない。

しかし、数は2ケタ釣果。


時々、


s-2018年11月07日 14時50分 ブラックバス 22cm.jpg
22㎝ブラックバス

20㎝を超えるけど、基本小さい。


小さい池なので、全体を巻いてみるも、すぐに攻めきれてしまいます。

しかも、反応がない。

フィネスでしか釣れないけど、その後も数は釣れる。

でも、これ以上の長居は不要だと思い移動。


次の池では、着いて早々護岸を狙ってみると

s-2018年11月07日 15時45分 ブラックバス 17cm.jpg
17㎝ブラックバス

これまた小さい。


すぐ隣の池へ移動。


桟橋に落とし込むと

s-2018年11月07日 15時55分 ブラックバス 20cm-01.jpg

こちらでも早々にヒット


しかも、さっきよりはサイズが良い。


s-2018年11月07日 15時55分 ブラックバス 20cm-02.jpg
20㎝ブラックバス


このサイズが、精いっぱいです。


この釣り場では、先週、「巻きの釣り」で入れ喰いだった様です。
しかも、時々40㎝以上も交じるようで、かなり良い状況だったのですが、今回の釣行前に雨が激しく降った影響で、魚の反応が悪くなっていました。

また、周辺の池では、今年に多くの場所が、釣り禁止となってしまったようです。
原因は、皆さんがご存知・ご想像の通りの事だと思います。

現在、釣りをさせていただける池も、将来的には、どうなるか分かりません。少しでも釣り場が減らない事を願うと共に自分たちで考えること、出来ることをしていけたらと思います。
posted by キンキンあんさん at 22:02| Comment(0) | ブラックバス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

コ式 自作(DIY) 『食品トレー』

シーズンオフや釣行が出来ない時などの時間を使って、釣り具のカスタムや自作(DIY)をしています。

コ式ですが、市販されている正規品を購入すると1,000円ぐらいします。
ちょっと値段が高いと感じるそんな悩みを解消します。

コ式を【食品トレー】を使い、格安に自作(DIY)してみました。

用意する物
≪釣り具ショップ≫
カン付鈎(6号 50本入) 500円
ハリス(30m) 600円
(鈎の大きさ・ハリスの太さは、魚のサイズに合ったもの)

≪100円ショップ≫
おもり(ガン玉) 100円
針金 100円

食品トレー(発泡素材)

カッター
ニッパー
ペンチ
(ドライバー等があると、針金の加工に便利です。)

s-コ式 自作-01.jpg

作業手順
『針金』を適当な長さに切り、ドライバー等に巻き付け、両端に輪を作り、加工します。

s-コ式 自作-02.jpg

『食品トレー』を適当な大きさにカットし、真ん中に穴を開けて、先ほど作った針金を通します。

『食品トレー』が抜けないように両端をおもり(ガン玉)で固定します。

針金の片方の輪に、ハリスと鈎を結び付けて完成です。

s-コ式 自作-03.jpg
コ式 自作(DIY) 『食品トレー』

作業時間 10分
材料費 1,300円(1個当たり約40円)

【コ式】とは
posted by キンキンあんさん at 21:39| Comment(0) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする