2018年01月13日

ネオプレンウェーダー 補修 『セメダイン スーパーX』

シーズンオフや釣行が出来ない時などの時間を使って、釣り具のメンテンナンスや補修・修理をしています。

ウェーダーの補修ボンドですが、市販されている正規品を購入すると1,000円ぐらいします。
内容量は、30mLほどのものが多いです。
ちょっと値段が高い・量が少ないと感じるそんな悩みを解消します。

ネオプレンウェーダーを【セメダイン スーパーX】を使い、格安に補修してみました。

用意する物
セメダイン スーパーX(135mL) 1,000円
(20mLで500円ほどのものもありますが、135mLのほうが割安なのでお勧めします。)

s-ウェーダー 補修-01.jpg

作業手順
よく乾かして乾燥させたウェーダーに、ホースなどで少しずつ水を入れていきます。ウェーダーはラックや物干し竿等に吊るすとやりやすいです。水がにじみ出てきたり、水が出てくるところが水漏れ部分です。水漏れ部分にペンやチョーク等で目印をつけてください。
水漏れ箇所が広範囲に渡る場合や箇所によっては修理が不可能な場合があります。
ウェーダー内部に水を入れ、漏れが確認できない場合は結露や発汗が原因の場合が考えられます。


今回は、ウェーダーのお尻の縫い目からの水漏れの可能性が考えられます。
ウェーダーをよく乾かして乾燥させます。
ウェーダーを裏返して、【セメダイン スーパーX】を縫い目に、付属のへらでのばしながら塗ります。

s-ウェーダー 補修-02.jpg

数日間、乾かして【セメダイン スーパーX】が固まれば、補修完了です。

【セメダイン スーパーX】は、固まるまでに余裕があるため広い面積を塗るのに適しています。粘度があり、凸凹面や垂直面にも使える標準タイプです。クリア・ホワイト・ブラックの3色から選べます。

作業時間 30分(ボンドが固まるまで2日)
材料費 1,000円(1補修当たり約200円)

posted by キンキンあんさん at 22:22| Comment(0) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする