2017年11月18日

ベイトリール メンテナンス 『スコーピオン1001』

シーズンオフ、釣行出来ない時などで、釣り具のメンテンナンスをします。

長年愛用している【スコーピオン1001】分解・清掃・給油をしてみました。

今後も、まだまだ現役で使っていきたいので、メンテナンスは重要だと思います。


用意する物
ドライバー
レンチ

キッチンペーパー
爪楊枝
綿棒
パーツクリーナー

グリス
オイル


作業手順
『ハンドル』→『ドラグ』の順に、バネや部品が飛ばないよう注意しながら分解します。

まずは、ハンドルから外します。
ハンドルの部品だけで、10個ぐらいありました。

次に、ハンドル側のボルト4本を外し、本体を開こうとしますが、外れません。

先に、ドラグ部分を外さないといけませんでした。

s-ベイトリールのメンテナンス(スコーピオン1001)-01.jpg
スコーピオン1001の清掃前の内部

溶けたグリスで汚れています。

次は、メインギヤを外します。

続いて、本体側の分解を進めていきます。

次に、前側のカバーを外し、レベルワインダーを分解します。

最後に、メインギヤ軸を外します。

分解した部品は、キッチンペーパーや綿棒、爪楊枝などを使い、清掃します。

パーツクリーナーで洗い流すときれいになります。

s-ベイトリールのメンテナンス(スコーピオン1001)-02.jpgs-ベイトリールのメンテナンス(スコーピオン1001)-03.jpgs-ベイトリールのメンテナンス(スコーピオン1001)-04.jpg
スコーピオン1001の清掃後の分解したパーツ

組み立てるときにわかりやすいように順番・向きを正確に並べておきます。

ベアリング類には、粘度の低いサラサラした『オイル』
ギア類には、粘度が高くベトベトした『グリス』
バネ等にも、腐食防止のために『グリス』

を塗布します。

さて、組み立てです。

分解した逆の手順で、簡単に出来ればいいのですが、なかなか難しいです。

クラッチ部分に苦戦しました。

その後は、順調に組上げて完了。

かと思いましたが

ハンドルが回らないというトラブル発生。

間違いは、メインギヤ軸に通るベアリングが反対に装着してしまいました。

分解してやり直し。

このようなトラブルの無いように、後で確認できるよう「ギア」や「クラッチ」の構造を分解前に写真に撮っておくと良いと思います。

無事にメンテナンスが完了しました。

ラインを巻いて、ロッドに装着。

s-ベイトリールのメンテナンス(スコーピオン1001)-05.jpg
スコーピオン1001

釣り具は、大切に長く使っていきたいと思います。
posted by キンキンあんさん at 22:20| Comment(0) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

メバルのあら汁

あら汁(あらじる)とは、魚を三枚おろしにした残りの部分、いわゆるアラを利用した汁物の総称です。

タケノコメバルのあら汁

s-2017年11月08日 タケノコメバルのあら汁.jpg

材 料(2人前)
タケノコメバル(15㎝以上) 2~4匹分
長ネギ 適量
水 800ml
酒 50ml
醤油 大さじ1
塩 小さじ1

作り方
頭を落とし、身を三枚におろし、あらと身に分けます。
三枚おろしのやり方は、こちらで説明しています。
(身は、刺身・唐揚げ・握り・漬けなど様々な料理で美味しく頂きます。)
s-2017年11月08日 タケノコメバルの切り身・あら.jpg

次に、あらが大きければ食べやすいサイズにきります。
そして、塩ふり30分ほど置きます。
(魚の臭みが気になる場合は、あらにお湯をかけたり一度焼くことでが臭くなくなります。)
s-2017年11月08日 タケノコメバルのあら.jpg

鍋に水・酒・あらを入れて、水の状態から30分程煮ます。
s-2017年11月08日 タケノコメバルのあら汁調理.jpg

その時、ていねいに灰汁をすくいます。
s-2017年11月08日 タケノコメバルのあら汁灰汁取り.jpg

仕上げに醤油大さじ1・塩小さじ1を入れて、味を見ながら火を止めて完成です。
posted by キンキンあんさん at 18:00| Comment(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メバルの唐揚げ

メバルの唐揚げ

s-2017年04月26日 メバル・カサゴ・ソイの唐揚げ.jpg

材 料(2人前)
メバル(15㎝以上) 2~4匹
片栗粉 適量
酒 50cc
醤油 30cc
おろし生姜(チューブ) 2㎝
油 適量

作り方
頭を落とし、身を三枚におろします。
三枚おろしのやり方は、こちらで説明しています。
(頭などのアラは、出汁が出るので捨てません。あら汁がオススメ。
魚の切り身を一口大の食べやすい大きさに切ります。
酒・醤油・おろし生姜を混ぜ合わしたものに、切り身を15~20分漬け込みます。
切り身・中骨に片栗粉にまんべんなくまぶします。
160度の油に、片栗粉を付けた中骨だけを入れます。じっくり揚げて一度取り出します。
油の温度を180度に上げ、切り身を入れます。火が通りやすいのできつね色になったらすぐ上げます。
中骨をもう一度揚げ、カリカリのきつね色になれば完成です。


メバルの唐揚げ(姿揚げ)

材 料(2人前)
メバル(10㎝以下) 4~6匹
片栗粉 適量
塩・コショウ 少々
油 適量

作り方
ウロコと内臓・エラを取り除き、ペーパータオルなどで水気をふき取ります。
背びれ両側から中骨に向かって切り込みを入れます。
軽く塩・コショウをし、片栗粉を切り込みや腹の中までまぶします。
160度の油に、片栗粉を付けた魚を入れます。じっくり揚げて一度取り出します。
油の温度を180度に上げ、もう一度揚げてカリカリのきつね色になれば完成です。


タケノコメバルの唐揚げ

s-2017年11月08日 タケノコメバルの唐揚げ.jpg

材 料(2人前)
タケノコメバル(15㎝以上) 2~4匹
片栗粉 適量
塩 適量
油 適量

作り方
頭を落とし、身を三枚におろします。
三枚おろしのやり方は、こちらで説明しています。
(頭・骨などのアラは、出汁が出るので捨てません。あら汁がオススメ。

魚の切り身を一口大の食べやすい大きさに切ります。
s-2017年11月08日 タケノコメバルの切り身.jpg

軽く塩をふり、切り身に片栗粉にまんべんなくまぶします。
s-2017年11月08日 タケノコメバルの唐揚げ調理.jpg

180度の油に切り身を入れ、きつね色になったらすぐ上げて完成です。
posted by キンキンあんさん at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする